ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of What’s A Trunk?

Keishi Tanaka - What’s A Trunk?

2016年、Keishi Tanakaが掲げた新たなテーマは“NEW KICKS=新しい刺激”。Tokyo Recordings、fox capture plan、LEARNERSと一緒に制作したシングル3部作収録。Ropesをゲストに迎えた楽曲を含むアルバムが完成!

「What’s A Trunk?」はKeishi Tanakaが年間約100本のライブを続けながら制作した1枚。今作にはRopesとのツアー中に生まれた楽曲「冬の青」を、トラックメーカーとして藤原大輔(MU-STARS、MU-STAR GROUP)迎えスタジオレコーディングした音源を収録のほか、さらにOBKR率いるTokyo Recordingsがレコーディング、ミックス、アレンジを担当した「Hello, New Kicks」、松田”CHABE”岳二(G, Vo)と紗羅マリー(Vo)が率いるLEARNERSと共に制作した「Just A Side Of Love」、Keishi Tanakaとfox capture planがフィーチャリングし合った「透明色のクルージング」といった既発のシングル3部作も収められる。

レコーディングにはKeishi Tanakaのライブのサポートメンバーでもある小宮山純平(Dr)、田口恵人(B / LUCKY TAPES)、潮田雄一(G / QUATTRO)、CrossYou(Tenor Sax / RIDDIMATES)、Chan Keng(Tp)をはじめ、CHABEや岸本亮(Piano / fox capture plan)、ストリングスには銘苅麻野(Violin)、塩澤佳奈(Viola)、吉良都(Cello)といった面々が参加。なお11月3日「レコードの日」に、アルバムのアナログ盤が先行発売されることも決定した。

アルバムリリースの発表に合わせて本作のトレイラー映像もYouTubeにて公開中。ミツメなどの映像作品を手がける関山雄太が監督を務めたこのトレイラーでは「冬の青」の音源の一部をいち早く試聴できる。

またKeishi Tanakaは「Just A Side Of Love」のリリースパーティを、9月18日に京都・磔磔、27日に東京・新宿LOFTで開催する。

01. What A Happy Day
02. Another Way(is so nice)
03. I Like It
04. Just A Side Of Love
05. 真夜中の魚
06. Our Town
07. 透明色のクルージング
08. 冬の青
09. Peaceful Christmas
10. Hello, New Kicks