Image of dance with me / 君がいるから

canaco - dance with me / 君がいるから

canaco – dance with me / Kimi ga Iru kara / Kotozute

二階堂ふみ主演,石井岳龍(石井聰亙)監督の映画「蜜のあわれ」(4月1日より全国ロードショー)のテーマ・ソング。

映画は「狂い咲きサンダーロード」や「爆裂都市 BURST CITY」などで熱狂的なファンの多い石井監督が室生犀星原作による老作家と小悪魔的な少女のふれあいを描いた幻想的な文学ドラマ。
音楽は宇多田ヒカル、椎名林檎、スガシカオ、井上陽水など数えきれないほどのメジャーアーティストのプロジェクトに参加してきた森俊之がプロデュース。
シンガーは、作詞家松井五郎氏に「心に一番近い声」と絶賛されたCanaco。また、村上ポンタ秀一、高水健司、本田雅人ら豪華ミュージシャンがバックアップ!

1 Dance With Me
2 ことづて
3 Dance With Me(インスト)
4 ことづて(インスト)

<プロフィール>
Canaco(カナコ)2011年1stシングル「誰かが私を呼んでいる」でデビュー。
テレビ東京系「たけしのニッポンのミカタ」のエンディングテーマとして放送された。
2012年11月、2ndシングル「はつ恋」をリリース。
2013年4月~6月、2ndシングルカップリング曲「いのちの詩」がテレビ朝日系、加山雄三の 「若大将のゆうゆう散歩」のエンディング曲として放送され話題を呼んだ。
2013年12月11日、アーティスト名Canacoとしてのニューシングル「小さな空/空かける鳥のよう に」 (武満徹作詞・作曲/松井五郎作詞 山下康介作曲)をリリース。
作詞家・松井五郎氏より「心に一番近い声」と評された透明感のある美しい声には定評があり、国内外で数多くのコンサートに参加し、多彩にアーティスト活動を展開している。