Image of follow slowly

猫叉Master - follow slowly

Nekomata Master – follow slowly

“音ゲー”ブームの先駆けとして90年代後半に登場し、今なお高い人気を保つKONAMIの「beatmania」シリーズ。そんな”ビーマニ”の音楽を手掛けるコンポーザー、猫叉Masterこと佐藤直之が、最新作をハイレゾで配信開始した。アルバムには「beatmania IIDX」や「pop’n music」といったシリーズで使用された楽曲のリアレンジ版、さらには書き下ろしの新曲を収録。「妄想旅行」がコンセプトだという本作は、4つ打ちメインの疾走感に溢れるリズムと、どこかエキゾチックなメロディがたっぷりと堪能できる。

普段、主に制作に携わっているのは、「BEMANI」シリーズという音楽ゲームのサウンドです。音楽に合わせてボタンを叩いたり身体を動かしたりするゲームが主で、僕は「beatmania IIDX」シリーズというゲームをメインに活動しています。他にも「REFLEC BEAT groovin’!!」「pop’n music ラピストリア」「jubeat saucer prop」といった音楽ゲームがあるのですが、それらのゲームにも多数楽曲を提供しておりまして、今回制作した音楽アルバムはそれらに収録された楽曲をロング・リアレンジしたヴァージョンと、描き下ろしのオリジナル曲で構成されています。

なので、前提として100%音楽の為の音楽作品ではなく、「音楽ゲーム」というフィールドが前提にある作品集なんです。ゲームに収録する際は「遊んでいて楽しい」「聴いていて心地よい」という2つの要素を軸にして制作していて、今作のアルバムの為にロング・リアレンジ・リミックスする際に、それらを「聴いていて心地よい」方向に大きく舵を切って制作を進めました。

ある程度ゲームに収録してきた楽曲が揃って、毎作「あ、これはそろそろひとつの形にできるな」という瞬間があって、誰かに言われるわけでもなく自分から「そろそろアルバム作りまーす」というノリで今作も制作をスタートしました。

ゲーム・ミュージックの役割として「演出」があると思います。今作ではそんな原点に立ち返って「リスナーの日常を演出する作品」にしたいと思い、コンセプトを「妄想旅行」にしました。このアルバムを自分の日常に当てはめてもらってもいいですし、逆にアルバムで用意したテーマに自分を当てはめて、音楽と生活を同じ時間で捉えて毎日楽しく過ごしてもらえたら、という想いが詰まっています。

1. boundary line
2. chrono diver -fragment-
3. Following Flow
4. fallen leaves
5. Flying soda
6. TWINKLING other side edition
7. slowly
8. 猫侍の逆襲
9. envidia
10. Esperanza
11. アヴァロンの丘
12. Symmetry
13. Despair of ELFERIA
14. Element of SPADA
15. Scars of FAUNA
16. Time again
17. regression