Image of バイバイ片想い

Pottya - バイバイ片想い

Pottya – Bye Bye Kataomoi

「ぽっちゃり限定」をコンセプトに結成された平均体重76kgのアイドルグループ・Pottyaが、デビュー曲「ポ・ポ・ポ・ポチャりん子☆」の配信リリースにあわせて昨日1月29日に東京・Theatre CYBIRDで初のライブを行った。

イベントが始まりメンバーがステージに登場すると、会場に集った女性ファンたちから黄色い声援が。リーダーの大木梨渚は早くも感極まって涙を浮かべ、声をつまらせながら「こうやってデビューができて、皆様の前に立てることがすごくうれしいです」と感謝の言葉を述べた。

彼女たちはこの日「ポ・ポ・ポ・ポチャりん子☆」や、“ミート”にかけて3月10日に配信リリースする「バイバイ片想い」をパフォーマンス。キュートな振り付けで軽快にダンスする5人に、女性ファンから「かわいい!」との声が上がっていた。ライブの合間にはPottyaのデビューを記念して、テープカットならぬ“お肉カット”を実施。メンバー5人で巨大な肉塊にナイフを刺した。

メジャーデビューを果たしたことについて、大橋ミチ子は「アイドルというのはスタイルがよくないとなれないと思ってたけど、こうやってぽっちゃりした仲間たちとデビューできてすごくうれしい」「正式メンバーになってから辛いこともあったし、泣いたこともあったけど、こうして今日皆さんの前で披露できて、本当にやってきてよかったなと思った。これからたくさんライブをして、ぽっちゃりの方に夢や希望を与えていきたい」とコメント。塚田恵未は「この体型でアイドルになれるなんて思ってなかったので、こんなかわいい衣装で歌って踊れているのが信じられない」と胸中を語り、犬童舞子は「デビューできたからといって怠らず、アイドルとしてレベルアップできるようにしたい」と今後の活動について意気込んだ。