Image of Mr. Chu (On Stage) ~Japanese Ver.~

Apink - Mr. Chu (On Stage) ~Japanese Ver.~

昨年10月に日本デビューした韓国の6人組ガールズグループ・Apink(エーピンク)が、昨日2月15日に東京・東京国際フォーラム ホールAにて日本では初となるファンミーティングを実施した。

今回のイベントは「Pink Valentine with U」というタイトルで、1日遅れのバレンタインを楽しむことをコンセプトに行われた。6人のメンバーは赤と白の2色を基調とした衣装で5000人のファンの前に登場。「MY MY」「Good Morning Baby」を披露すると、リーダーのチョロンは「皆さんに早く会いたかったです! 昨日の延長で皆さんとバレンタインを過ごすために、Apinkは一生懸命準備してきました。一緒に楽しんでください!」と挨拶した。

この日はライブパフォーマンスのほかにバレンタインにちなんだ企画も多数用意され、続いてメンバーはファンの恋愛相談に乗る「お悩みApinkコーナー」を実施。このコーナーでは女性ファン6人の悩みにメンバーが1人ずつ回答していった。ナウンは「『彼女は要らない』と言っている同級生に好意を伝えたい」という悩みに「私も告白をしたことがないのだけれど、手紙を書いてさりげなく気持ちを伝えるのはどうですか?」とアドバイス。「少ししか日本語を話せないアメリカ人の先輩のことが気になっています」と相談を受けたナムジュは西野カナ「GO FOR IT!!」のサビを歌って相談者を勇気付け「簡単な英語で『あなたと仲良くなりたいです』と書いた手紙を、小さなチョコと一緒に渡してみては?」と提案した。

一旦ステージを離れた彼女たちはニットのトップスにデニムのボトムスといったカジュアルないでたちに着替えて再登場し、最新曲「Mr. Chu(On Stage)-Japanese Ver.-」をライブ初披露した。このナンバーについてハヨンは「恋に落ちた女の子の心をかわいく表現した曲です。ポイントは“Chuポーズ”。指でキスを飛ばします。皆さんもやってみてください!」と呼びかけ、6人と観客は一斉にポーズを決めて盛り上がった。

続くコーナーはメンバーの“女子力”をテストするもので、6人はケーキのデコレーションに挑戦。彼女たちは個性を発揮し、それぞれの方法で真っ白なケーキを飾り付けていく。チョロンは“PINK PANDA”(Apinkファンの呼称)にちなみホイップクリームでパンダの顔を描き上げ、ナムジュはチョコレートのペンで大きく「あいしてる」とメッセージを刻んだ。イチゴをたくさん飾ったウンジは自身の力作を披露しながら「私自身は女性らしさが足りないので、ケーキに女性らしさを託してみました」と茶目っ気たっぷりにコメントしていた。

また2月10日にナウンが誕生日を迎えたことから、メンバーがサプライズで彼女を祝福する一幕もあった。イヤーモニターの不調を訴え舞台袖に引き上げたナムジュが「お誕生日おめでとうー!」とステージにケーキを運び入れ、オーディエンスが「Happy birthday to you」を合唱するとナウンは「ホントにびっくりしました!」と笑顔に。「ナムジュちゃん演技上手ですね」と仲間が見せた演出に感嘆していた。

本編ラストに「HUSH -Japanese Ver.-」を届け舞台を後にした6人は、観客からの大きな「Apink!」コールを受けて再びステージへ。アンコールでは「U You」「NoNoNo」と2度目の「Mr. Chu(On Stage)-Japanese Ver.-」が披露された。最後の挨拶でハヨンは「皆さん、いいバレンタインになりましたか? チョコみたいな甘い時間になったらいいなと思っていました」とコメント。ボミは「最初の曲から皆さんが立ち上がってくれていて、本当に感動しました」と感想を述べ「もっと皆さんと遊びたいです。今日はたくさん来ていただいてありがとうございました!」と語りかけていた。

1. Mr. Chu (On Stage) -Japanese Ver.-
2. HUSH -Japanese Ver.-
3. Mr. Chu (On Stage) [instrumental]
4. HUSH [instrumental]