ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of LIFE TIME BEST BEST VALUE

黒沢健一 - LIFE TIME BEST BEST VALUE

Kenichi Kurosawa – Life Time Best Best Value

アメリカ人プロデューサーを迎えたセルフ・カヴァーアルバムをリリース!黒沢健一のニューアルバムは、Tori Amous や BIRDY, MAROON 5 等のプロデューサー、クリエイターとし て知られる Eric Rosse とタッグを組み、Sheryl Crow, Madonna,Tears For Fears, Rufus Wainright 等のレコーディングドラマーとして知られる Brian MacLeod を筆頭に、ベースには、Sheryl Crow, The Dixie Chicks, Gloria Estefan, Destiny’s Child, Pat Benatar 等のレコーディングに参加しているベテランミュージシャン Mark Browne、ギターには Santana バンドのヴォーカル Andy Vargas のソロアルバムをサポートし ている Michael Carey、そして、キーボードには Taylor Swift, Carry Underwood, Keith Urban, Rascal Flatts 等、現在のナッシュビルヒットアルバムの数々に参加している Charles Judge、この4人を中心に他に も多彩なミュージシャンを迎えてロサンゼルスでレコーディングされたセルフカヴァーアルバム!

アメリカン・ポップス、ロックンロールをルーツに持つ黒沢の今回のいわば原点回帰のようなセルフ・カヴァー アルバムは洋楽、邦楽の垣根を越えて全ての音楽ファン必聴の作品です。

L⇔R 在籍時の大ヒット曲「KNOCKIN’ ON YOUR DOOR」「HELLO, IT’S ME」、ソロに転向してからアニメ ソングとしても海外で高い評価を得ている「Pale Ale」、「All I Want Is You 」等、アメリカ人プロデューサー、 ミュージシャンとのコラボレートによって新たな命が吹き込まれた全 12 曲、太平洋を渡った珠玉のメロディー達を是非お楽しみに!

1. HELLO IT’S ME
2. ALL I WANT IS YOU
3. PALE ALE
4. SOUL KITCHEN
5. (I WANNA) BE WITH YOU
6. MAYBE
7. KNOCKIN’ ON YOUR DOOR
8. DAYS
9. DON’T BRING ME DOWN ( 遠くまで )
10. TOO LONELY TO SEE
11. WONDERING
12. SHOOTING THROUGH THE BLUE ( ブルーを撃ち抜いて )