ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of 火の鳥

シズオ・Z・クワハラ & 大阪市音楽団 - 火の鳥

Shizuo “Z” Kuwahara & Osaka Shion Wind Orchestra – The Firebird Suite

大阪市音楽団は1923年創立の歴史ある吹奏楽団ですが、2012年7月から大阪市の市政改革プランに準じて、民営化の調整を進めてきました。そして2014年4月に「一般社団法人 大阪市音楽団」として新たなスタートを切りました。今作に収録されている第108回定期は新生市音による初めての定期演奏会で、不死鳥のように未来へ羽ばたくようにと願いを込め、ストラヴィンスキーの火の鳥を採りあげました。他にもリードのアルメニアン・ダンスの全曲連続演奏など注目曲が並びます。

指揮のシズオ・Z・クワハラは1976年生まれ、10歳で渡米し吹奏楽で高名なイーストマン音楽院で指揮を学びました。現在はオーガスタ交響楽団の音楽監督を務めながら、日米を中心に活躍しています。楽団員も多く入れ替わりフレッシュな陣容となった大阪市音と、気鋭の指揮者、シズオ・Z・クワハラによる鮮烈な響きをお聞きください。

1. リード: アルメニアン・ダンス パート1 あんずの木~やまうずらの歌~ホイ、私のナザン~アラギアズ~ゆけ、ゆけ
2. リード: アルメニアン・ダンス パート2 農民の訴え
3. リード: アルメニアン・ダンス パート2 結婚の舞曲
4. リード: アルメニアン・ダンス パート2 ロリの歌
5. ストラヴィンスキー(G.M.デューカー編曲) : バレエ組曲「火の鳥」1919年版 – 序奏
6. ストラヴィンスキー(G.M.デューカー編曲) : バレエ組曲「火の鳥」1919年版 – 火の鳥の踊り
7. ストラヴィンスキー(G.M.デューカー編曲) : バレエ組曲「火の鳥」1919年版 – 火の鳥のヴァリエーション
8. ストラヴィンスキー(G.M.デューカー編曲) : バレエ組曲「火の鳥」1919年版 – 王女たちの踊り
9. ストラヴィンスキー(G.M.デューカー編曲) : バレエ組曲「火の鳥」1919年版 – 魔王カスチェイの踊り
10. ストラヴィンスキー(G.M.デューカー編曲) : バレエ組曲「火の鳥」1919年版 – こもり歌
11. ストラヴィンスキー(G.M.デューカー編曲) : バレエ組曲「火の鳥」1919年版 – 終曲
12. ビリク: ブロックM