Image of 桜ナイトフィーバー

KAN - 桜ナイトフィーバー

KAN – Sakura Night Fever

KANが2月25日にリリースするニューシングル「桜ナイトフィーバー」のカップリングナンバー「表参道」に、和田唱(G / TRICERATOPS)、奥田民生(B)、サンコンJr.(Dr / ウルフルズ)が演奏で参加していることが明らかになった。

「表参道」はフレンチポップの名曲「オー・シャンゼリゼ」をKAN自身が書き下ろしによる日本語詞でカバーした楽曲。4人の演奏ならではのマニアックなオマージュが効いたアレンジに仕上がっている。また和田唱はKAN流の“社会派ディスコ”桜ソング「桜ナイトフィーバー」でもギターソロを演奏している。

KANのオフィシャルサイトではシングル発売に先駆け、表題曲「桜ナイトフィーバー」の“逆段階的試聴”を実施中。これは楽曲アレンジがどのように構築されているかを、通常のレコーディングとは逆の手順で段階的に紹介するというもの。1回目の更新ではストリングスとグロッケンシュピールのみ、2回目の更新ではサンプリング音源やシンセサイザーなどのプログラムデータが加えられ、明日2月13日更新の3回目にはさらに別のプログラムデータと、少しずつ“上モノ”の音源が重ねられていき、通常のレコーディングでは最初に用意されるベース&ドラムのリズムセクションは5回目にようやく登場する。2月19日の最終更新ではメインボーカルとコーラスを乗せた試聴音源がアップされる予定だ。