Image of PLAISIR D'AMOUR

小野リサ - PLAISIR D'AMOUR

Lisa Ono – PLAISIR D’AMOUR

人気作家・浅田次郎の同名原作が、国民的人気番組「相棒」シリーズの水谷豊を主演に奇跡の映画化。2015年ゴールデンウィークに公開を予定している映画『王妃の館』のエンディング曲を、世界各国の歌をナチュラルな歌声で届け続けているボサノヴァシンガー・小野リサが担当することに決定。エルヴィス プレスリーの「好きにならずにいられない」のモチーフで有名なフランス語の名曲「PLAISIR D’AMOUR(愛の喜び)」を歌うことがわかった。

ボサノヴァの第一人者として知られる小野。実はこの10年、自らの音楽活動を“音楽の旅”と銘打って、アメリカ、イタリア、フランス、メキシコ、キューバ、アフリカや中近東、アジア諸国、日本などの名曲を録音した作品をリリースしてきたという。今回のエンディング曲決定に際し小野は、「物語の登場人物たちの人生の中にある光と影、起死回生をもくろんで企てたダブルブッキングツアーの光と影、『シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ(王妃の館)』は今も昔も輝いているはずなのに、そこにもある光と影など、様々な光と影をシリアスにもコミカルにも描き出している作品にとても引き込まれました」と、その魅力を。加えて、「舞台はフランス。『PLAISIR D’AMOUR(愛の喜び)』の歌詞には『愛の喜び それは一瞬の輝き 愛の苦しみ それは一生の痛み』とあり、全てを包み込んでくれる愛にも光と影があって、そのような曲で作品の締めくくりをできたなら、ご覧になったお客様が、いろいろな光と影を前向きに受け入れられるのではないかと思いました」と、選曲の経緯を語っている。

本作は、日本を代表する俳優・水谷演じる新しい右京、どの登場人物からも目が離せないストーリー、美しいパリの街並みや数々の名所、そして小野リサのエンディング曲……と、観る者全ての感覚を総起動して楽しめる作品として注目されている。水谷は、「映画『王妃の館』のテーマソングを小野リサさんが歌ってくれる。しかもフランス語で。『王妃の館』チームにとって何と贅沢で素晴らしい事が起きたのでしょう。個人的にも興奮覚めやらず幸せ気分に浸っています」と、喜びのコメントを発表。浅田次郎×水谷豊×小野リサ、その究極のコラボレーションに期待が高まる。

[映画のあらすじ] 全世界のツーリストたちの憧れのホテル“シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ”=王妃の館。泊まることが奇跡と呼ばれる最高級ホテルに集まったのは、天才小説家・北白川右京(水谷豊)をはじめとする、それぞれに事情を抱えた2組11人のツアー客。しかしこのツアーには秘密があった……。倒産寸前の旅行会社が企画したダブルブッキングツアーだったのだ。ここに今、美しいパリを舞台に個性派揃いのツアー客たちが巻き起こす、ユーモアに富んだ上質なシチュエーションコメディが誕生する。