ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of 水色なびく空

GINNEZ - 水色なびく空

GINNEZ – Mizuiro Nabiku Sora

第一声で引き込まれる、”類い稀な歌声”。優しさで包みこむようなウィスパーボイスから、荒々しく感情をむき出しにするダイナミックな表現まで、ボーカル原田巧の存在感が際立つ”GINNEZ-銀鼠-”のサウンド。それでいて完璧ではない、彼らしい不器用な人間味あふれる歌声のニュアンスに、心地よい切なさを感じ、さらに彼の歌声に引き込まれていく。前作の『エンドロール』では、バラード調の楽曲にその歌声をのせ、一気にPV youtube再生回数、Twitterフォロワー数を伸ばし、全国多方面から高い評価を受ける。

今回”GINNEZ-銀鼠-”は、前作と打って変わって、疾走感あるサウンドに、極上にポップなメロディーをのせたキラーチューン『水色なびく空』を発表した。誰しもが胸を高鳴らす青春の一瞬、一夏を通り過ぎゆく出逢いと別れ、そして再会することを願う物語の一幕一幕が、原田巧の歌声と共に回想されていく。

”二人分の踵の音 確かに近付いてる瞬間”
”ずっと声に出して言えなかった ありがとう ごめんね”
”君を忘れそうなときは 君の好きだった唄を歌おう”

時が経ち、振り返ってみれば、簡単に言えたはずの言葉。その言葉を言えずにいた青くて臆病だった自分。強がって弱かった自分。一度、すべて壊してしまいたいと思った自分。各々の”自分”も思い浮かべながら、音源と歌詞、PV映像も交えてお聴き下さい。”GINNEZ-銀鼠-”『水色なびく空』必聴必見です。