Image of セルフ・コントロール・ミュージック(セダティブ・リラクゼーション)

V.A. - セルフ・コントロール・ミュージック(セダティブ・リラクゼーション)

V.A. – Self Control Music (Sedative Relaxation)

音楽が人間の気分や感情、心理に与える影響に関する研究が多い割には、生理学的研究=身体に与える影響に対する研究は殆どありませんでした。このような状況の中から私たちは、心身医学の技法を用いて、改めて音楽の生理学的影響の研究を進めて来ました。多くのボランティアの協力によって研究を進めた結果、「音楽の生理学的影響」というベールがついにはがされたのです。つまり、音楽には、血圧の高い人の血圧を下げて正常にしたり血圧の低い人の血圧を上げ正常にしたり、それと同時に「自律神経の安定もはかっている事」がわかりました。その他、すべてのパラメーターにおいて音楽が有効に働いている事もわかりました。すなわち音楽は、人間が本来もっている自己正常化機能(ホメオタシス)を高める作用がある事が明確になったのです。この結果から私たちは様々のケースに対するリラクゼーション・ミュージックを開発しました。このアルバムは、鎮静=血圧が高めの人用のリラクゼーション・ミュージックです。医学博士:永田勝太郎

1. 白鳥
2. 愛の挨拶
3. シチリアーノ
4. G線上のアリア
5. タイスの冥想曲
6. 夢のあとに
7. STREAM1(せせらぎ)
8. STREAM2(せせらぎ)
9. STREAM3(せせらぎ)
10. STREAM4(せせらぎ)
11. STREAM5(せせらぎ)