Image of Waltz Nostalgie

Quikion - Waltz Nostalgie

1992年に結成、十時由紀子(ヴォーカル、コンサーティナ他)、小熊英二(ギター、ブズーキ)、佐々木絵実(アコーディオン他)という不動のトリオで現在までにアルバム5枚、ライヴ映像作品1枚を発表。ヨーロピアン・トラッドをベースにしたアコースティックな作風で多くの支持を集める唯一無二の存在。全ての歌詞を担当する十時の独特でいて、韻と不思議な言葉で構成される世界観は前作「カプリッツォ」(2007年)からさらに深化。ウィリアム・マルレディ*注)の挿絵の雰囲気と相俟ってアルバム・タイトルである「ワルツ・ノスタルギ」という造語の世界を見事に表現している。

レコーディングは2010年から2011年に行われていたが、個々の活動もあり2014年遂にアルバムとして完成した。アコーディオンの佐々木は蛇腹姉妹、STELLA LEE JONES等参加しているユニット、バンドでの活動の他、その巧みな奏法と魅力的な音色から様々なゲスト出演をしている。

※注)1807年に出版されたイギリスの絵本『ちょうちょうの舞踏会とバッタの宴会』(原題「THE BUTTERFLY’S BALL AND THE GRASSHOPPER’S FEAST」ウィリアム・ロスコー(William Roscoe)作/ウィリアム・マルレディ(William Mulready)画
【紙ジャケット:19世紀に出版された絵本の風合いをイメージしたヴィンテージ仕様】

1. ワルツ・ノスタルギ 5:24
2. ののみつの 3:35
3. ファンタジアのマーチ 4:42
4. 砂々泥々 6:25
5. 灰神楽 5:16
6. ブルターニュトラッド 1:37
7. 不寝番 4:49
8. チルチルウー 6:05
9. 土蜘蛛のうた 7:39
10. ブライトン・ダーク 5:03