ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of GOLDEN TIME

小倉博和 - GOLDEN TIME

Hirokazu Ogura – Golden Time

小倉博和の 『GOLDEN TIME』は、マーティンギターとのコラボレーション・シリーズ・アルバムの第一弾。今作のコンセプトは160年前の“ 1852年製のマーティン2-27”のみですべて演奏されている点。160年という時を経て輝きを増したマーティン・ギターのサウンドに導かれるようにオリジナルとカバーを合わせて6 曲の名曲がセレクトされている。「小春日和-An Indian Summer-」「秋-Harvest Season-」「Song for“ R”」で、甘くやさしいメロディが心に残る。それに加えて、録音したカヴァー曲にもセンスが光る。1888年にエリック・サティが作曲した「Gymnopedie」と1893年にドヴォルザークが作曲した「家路(交響曲第9番“ 新世界より” 第2楽章)」この2曲はギターと同じ1800年代に書かれている曲であることからの選曲である。さらにこのアルバムの注目すべき点は、同じ収録曲の2バージョン2枚組のパッケージで発売されるという点。ディスク1は林立夫、井上鑑をはじめとする日本トップのミュージシャンたちとのセッション・バージョン。ディスク2 は小倉のギター、ベースだけというシンプルな構成。美しいギター・サウンドを2 倍楽しむことができる内容となっている。

DISC 1
1. 小春日和-An Indian Summer-
2. Green Sleeves
3. 秋-Harvest Season-
4. Gymnopedie
5. Song for “R”
6. 家路

DISC 2
1. 小春日和-An Indian Summer-(NAKED)
2. Green Sleeves(Naked)
3. 秋-Harvest Season- (Naked)
4. Gymnopedie(Naked)
5. Song for “R”(Naked)
6. 家路(Naked)