Image of 水彩とパンドル

ソレカラ - 水彩とパンドル

SOREKARA – Suisai to Pandoru

Aztec Camera meets 井上陽水 或いは Crowded House in 下北沢。洋のポップネスを我が国の流儀で美しく塗り替える正統派が我々の目の前に。こういうバンドを僕達は待っていました。【石田ショーキチ】

ソレカラの 1st フルアルバム『水彩とパンドル』が完成した。 プロデューサーは MOTORWORKS / Scudelia Electro / ex. Spiral Life 、そしてスピッツや COCCO のプロデュースも手がける石田ショーキチ。 オルタナティブ、エレクトロニックサウンド、ブリティッシュポップを規範とした徹底的な美メロ主義を貫く石田ショーキチのサウンドワークはソレカラとの相性抜群。トッド・ラングレンばりに作曲・トラックメイクからエンジニアリングまで全てを手がける石田氏と共に、プリ・プロダクションから実に半年以上をかけて、その叙情的でメランコリックな世界観、奥行きのある演奏と美しいメロディ・コーラスワークに至るまで、余すところ無く磨き上げて来た。

ミニアルバム『優しい嘘に疲れたら』から約 3 年、満を持して発表される 1st フルアルバム『水彩とパンドル』が描き出すのは、増長する自我と他人と繋がることへの希求が、相容れない水と油のような葛藤として渦巻く思春期そのもの。叙情溢れる筆致で切り取った10篇のものがたりを通して、 思春期の葛藤によって混ぜ合わされた水と油はやがて渾然一体となり、青 年は大人になっていく。そこにあるのは人生の一時期を懐かしむノスタル ジーではなく、人間としての美意識であり、悩みを抱えながらも懸命に生きる全ての人の、過去・現在・未来を讃える人生讃歌である。

アルバムのテーマを凝縮したジャケットのイラストは、実際に水と油の画材を用いて Vo 佐々木が描いている。※パンドル:油彩用の溶剤

1. 渚行き
2. 前を向く
3. 流れ星
4. 雨に唄えば
5. 春の夜
6. 春夏秋冬
7. そんなあなたが好き
8. 颱風少年
9. Love is over
10. 名前のない花