ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of カガクノコドモ

シマシマエレクトリック - カガクノコドモ

Shimashima Electric – Kagaku no Kodomo

ノーウェイヴ?ポストロック?音響系?モンド?ガレージパンク?ストレンジ・ロック?超絶ベーシスト&ドラマーの“なつきと葉子”による「シマシマエレクトリック」の公式ファースト・アルバムが完成!

ジャンルを問わず幅広く活躍する女性プレイヤー2人。超絶ベーシスト&ドラマーの「なつきと葉子」による「シマシマエレクトリック」の公式ファースト・アルバムが完成した。ライブではベースとドラム二人だけという特殊な編成で、スリリングな演奏を繰り広げているが、このアルバムでは、他の楽器やサンプラーやエフェクトも駆使して作りこまれ、他に類を見ないキュートで不思議な作品集となっている。録音は、ピースミュージックにて中村宗一郎がエンジニアを務めている。一筋縄ではいかない、例えば1曲だけ聴いても判断はできないし、最後まで通して聴いてはじめて全貌のわかるようなモノなのかもしれない。とはいえ、気を衒っているわけではなく、彼女たちがやりたいことを詰め込んだアルバムだ。そして、どこにも属さない感じが、とても新しく、結局はポップに聴こえるのである。

シマシマエレクトリックは、2012年3月に結成。2ピースバンドとして、現在に至るまで新宿や高円寺、葉子の地元である福生のライブハウスを中心に活動している。 アンダーグラウンドではそれなりに名の通った存在だが、音源リリースはライブ会場で買える自主制作のミニアルバムがあるだけだった。結成以前の二人は同じビッグバンドや、ジャズのシーンで演奏していたという。錚々たるアーティストたちの名前が彼女たちの経歴を探ればいろいろ出てくるのだが、ここで触れる必要はないだろう。純粋に音楽だけで勝負している彼女たちの創造魂に敬意を表して、真っ新な気持ちでこのデビュー・アルバムに向き合いたいと思う。
サミー前田

1. wake up
2. クロパラント
3. Rolling Seven Days
4. Mr.有効成分
5. SPACE PUSHER
6. digi DEVILs
7. ピラニア
8. Tape Meter
9. Speedmeter 213
10. Bass Drive
11. Jungle Gym ~prologue~