Image of 帰天

JURASSIC JADE - 帰天

JURASSIC JADE – Kiten

『HEMIPLEGIA』、『ENDOPLASM』、『AKATHISIA』の三部作に続く、JURASSIC JADE新章の幕開けとなるニュー・アルバム ! ’06年からの三部作 ―― 『HEMIPLEGIA』(’06年)、『ENDOPLASM』 (’08年)、『AKATHISIA』(’10年) ―― に続く、JURASSIC JADE新章の幕開けとなるニュー・アルバム。変幻自在なリズム、しなやか且つ硬質なギター、簡易な言葉で深淵な世界を描くヴォーカル・・・それらが一体となり、聴き手の感性を激しく刺激する。体感的なスピード感はここ数作の中でも抜群ながら、どこかポップな印象を受ける作風で、まさに唯一無二、JURASSIC JADEサウンドの極みともいえる入魂の作品に仕上がっている。

1. 恋するアトミックボーイ
2. この日が来るのを待っていた
3. The only song, The last song
4. そこから
5. Ringwanderung
6. 天までのぼれ