Image of アカンサス

READ ALOUD - アカンサス

READ ALOUD – Acanthus

READ ALOUDが11月5日にリリースするミニアルバム「アカンサス」の詳細が明らかになった。

本作はプロデューサーに亀田誠治を迎えて制作され、ライブでも披露されている「風が吹くから」「タイムトラベラー」など全6曲を収録。ジャケットのデザインは画家であるnao morigoが担当した。亀田とnaoは「アカンサス」発売に際しコメントを寄せており、それぞれREAD ALOUDのサウンドについての思いを語っている。

なおREAD ALOUDは12月7日に東京・渋谷CLUB QUATTROにてワンマンライブを開催。各プレイガイドではチケットの先行抽選受付を開始している。

亀田誠治 コメント
READ ALOUDは繊細かつ骨太なバンドだ。彼らはオンリーワンのサウンドとオンリーワンのヴィジョンを持ち合わせている。だから何色にも染まらない。火傷しそうなくらいに熱いバンドの体温と、凍てつくように冷たいエレクトロが、美しいメロディーと合わさって、僕らの心の奥を掻き立てるんだ。

nao morigo コメント
制作にあたり初めて新曲の「風が吹くから」を聞いた瞬間に、メンバーが画いていたイメージが一瞬で頭の中に広がりました。アカンサスが広がる大地に鳥が飛び立ち、風がアカンサスを揺らしているその光景に鳥肌が立ちました。メンバーが作るイメージと自分の想う完成図に向けて何枚も描いているうちにすーっとそびえ立つアカンサスの姿がメンバー一人一人の姿、そしてその奥にはREAD ALOUDと一体となり熱く盛り上がる観客の姿に見えました。皆様も是非、ジャケットの絵の世界に浸りながら音楽を楽しんでみてください!

1. タイムトラベラー
2. 君の声を思い出す
3. 風が吹くから
4. 月と太陽
5. BGK
6. 朝