Image of national anthem of unknown country

rabbitoo - national anthem of unknown country

rabbitoo が放つ形容不可能な音楽こそ、21 世紀の「ジャズの来るべきかたち」なのかもしません。 未知なるテクスチャーを追い求めた果てに産み落とされた未知なるジャズがついに世界へと解き放たれます。

ここ数年、早耳のジャズ/ポストロック/エレクトロニカ・ファンの間で、いまかい まかとアルバムリリースが待望されていた「rabbitoo」。制作期間約 1 年半を費やして 完成した待望のファースト・アルバム「national anthem of unknown country」(SONG X 019)が完成しました。

もはや日本を代表するジャズ・ギタリストと言っても過言ではない市野元彦をリーダー に 2010 年に結成され、ソロ・アーティストとしてもキャリアを積んできたサックスの 藤原大輔、シカゴでドラマーとして、エンジニアとしても活動した経歴をもつ田中徳崇、 ジャズ・シーンのみならず、ロックやエレクトロニカシーンでも活躍するベースの千葉 広樹、2011 年にソロ・アルバムを発表しその才能を知らしめたキーボードの佐藤浩一。

この 5 人から放たれる形容不可能な音楽こそ、21 世紀の「ジャズの来るべきかたち」 なのかもしません。未知なるテクスチャーを追い求めた果てに産み落とされた未知なる ジャズがついに世界へと解き放たれます。

1. 猿の正夢
2. 黄色いスープ、青のパン
3. 砂漠の水夫
4. 入り口から数えて五番目の席で待つ男
5. 森
6. subliminal sublimation
7. EAT YOUR ORANGE
8. Distance
9. 兎とコッペパン
10. n.a.o.u.c.
11. 三番目の太陽
12. 入り口から数えて二番目の席で待つ女