Image of monochrome

ヒラセドユウキ - monochrome

yuki hirasedo – monochrome

作曲家ヒラセドユウキ待望の1st アルバムが完成。削ぎ落とされ研ぎすまされた” 音” が奏でる静謐で美しい旋律の数々。M9,me( ピアノソロ) を除く全ての楽曲に徳澤青弦(cello/ex.anonymass) が参加。前作EP『見たかった景色』ではベースとドラムを加えたトリオ編成でポストロックや北欧ジャズを彷彿とさせるサウンドを聴かせたのに対し、今作『monochrome』では、ピアノとチェロのduo のみで繰り広げる世界を探求。

徳澤氏の確かなチェリストとしての技術はもとより、エフェクターを駆使した実験的な奏法も聴きどころの一つ。また、自身の音源としては初となる歌曲を2曲収録(M6,M8)。日本語オペラもしくは童謡のような不思議な魅力の歌曲を歌いこなしたのは若手ソプラノ歌手の廣橋英枝。彼女もまたクラシック演奏家としての確かな技術と頭の柔らかさを兼ね備えた素晴らしい歌い手である。録音はコンサートホールで行い、ホールの鳴りと楽器の鳴りを、エンジニア井口寛が最高の状態で収録。

ピアノの調律にも拘り、数多の現場で培った豊富な経験を持つ調律師名取孝浩によって、編成ごとにセッティングを変えて録音に挑んだ。そして、CD のカバーアートには気鋭のアーティスト文谷有佳里を起用。新作のクラシック音楽として、新しいミニマルミュージックの形として、若き作曲家が織りなす新しくもどこか懐かしい音楽がここに。

1. Monochrome, Pt. I
2. Behind the Scenes
3. ちちり
4. ぐるり
5. もぐる
6. 夏を想う
7. Monochrome, Pt. II
8. 名も無きワルツ
9. Me