Image of TOYS

栗林すみれトリオ - TOYS

Sumire Kuribayashi Trio – Toys

新レーベル「SOMETHIN’COOL」より、完成されたブルース・フィーリングと未知への実験センスを持ち合わせたピアニスト・栗林すみれがデビュー!先人への敬意と自身の幅広い音楽性の融合から紡ぎだされるオリジナル曲とインプロヴィゼーションは、新しいジャズの世界を切り開きながらも心地よく、多くの聴衆の心を掴む。その実力を裏付けるように、今年4月には、ハービー・ハンコックが提唱するインターナショナル・ジャズデイの提携イベント「JAZZ AUDITORIA(ジャズ・オーディトリア)」にてオープニング・アクトを飾る。さらにその翌月にはブルーノート東京出演を果たすなど、デビュー前の新人としては異例の大抜擢に注目が集まっている。

プロデュースには、ブルーノート・レコードを日本に広め、大西順子、ゴンサロ・ルバルカバ、松永貴志ら世界的ピアニストを輩出してきたジャズプロデューサー・行方均氏が参加。写真撮影に、数々のジャズ・ジャイアンツ達を記録してきた中平穂積氏があたるなど、歴史的演奏を目の当たりにしてきた人々からも絶大な応援を得ている期待の新星です。 ■メンバー:栗林すみれ(p) 加藤真一(b) 清水勇博(ds)

注目のピアニスト、栗林すみれのデビュー・アルバム仲間とのセッションを楽しんでいるようなジャケットの表情がいい。父親は箏奏者として有名な栗林秀明で、幼い頃からピアノは好きだったが、音楽高校に入るまで専門的なレッスンを受けたことはなかったという。尚美学園大学で伝統的なジャズの語法を徹底的に学び、在学中からライヴハウスで腕を磨き、この度アルバムデビューとなった。彼女がこの記念すべきトリオ・デビュー作のメンバーに選んだのは百戦錬磨のベースマン加藤真一とindigo jam unitを中心に活躍するドラマー清水勇博。タイトル通り鍵盤と戯れ、メンバーと楽器を通して以心伝心しながらジャズを楽しんでいる様子が伝わる。栗林のオリジナル5曲にU2の「終りなき旅」等、全9曲を収録。(The Walker’s 加瀬正之)

1. Forest And An Elf 森と妖精 (Sumire Kuribayashi)
2. I Still Haven’t Found What I’m Looking For 終わりなき旅 (U2)
3. Grand Line グランド・ライン (Sumire Kuribayashi)
4. Letter To Evan レター・トゥ・エヴァン (Bill Evans)
5. That Blue Bird ザット・ブルー・バード (Reiko Yamamoto)
6. Flying Toys フライング・トーイズ (Sumire Kuribayashi)
7. W.M.P. (Sumire Kuribayashi)
8. Somethin’ Warm サムシン・ウォーム (Sumire Kuribayashi)
9. Minor Meetingマイナー・ミーティング (Sonny Clark)