Image of STATEMENT TOUR FINAL at NAGOYA CENTURY HALL

徳永英明 - STATEMENT TOUR FINAL at NAGOYA CENTURY HALL

Hideaki Tokunaga – Statement Tour Final at Nagoya Century Hall

徳永英明がニューシングル「さよならの向う側」を9月24日にリリースする。

今作は、徳永が来春リリース予定の女性アーティストの楽曲をカバーする“VOCALIST”シリーズの最新作「VOCALIST 6」の先行シングル。このシングルには山口百恵の「さよならの向う側」と、中島みゆきが作詞作曲を手がけた柏原芳恵の「春なのに」のカバーが収録される。なおYouTubeでは“VOCALIST”シリーズの第1弾から振り返ることができるティザー映像が公開されている。

シングルの初回限定盤Aには表題曲のビデオクリップとメイキング映像が収録されたDVDが付属。また初回限定盤Bにはボーナストラックとして岩井俊二が作詞を、菅野よう子が作曲を手がけた東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」が収められる。

また9月3日には徳永のライブアルバム「STATEMENT TOUR FINAL at NAGOYA CENTURY HALL」がリリースされる。このアルバムには昨年12月24日に愛知・名古屋国際会議場センチュリーホールにて行われたライブの音源を収録。サプライズゲストとして登場した玉置浩二とともに披露された「いかないで」など、今作では当日の演奏をアンコールまで含めてたっぷりと堪能することができる。

DISC 1
1. NEWS
2. 愛し足りないわけがない…
3. 月虹
4. レイニー ブルー
5. オリオンの炎
6. 壊れかけのRadio
7. いかないで collaboration with 玉置浩二
8. 時代
9. 君をつれて
10. Wednesday Moon
11. 情熱
12. 僕のそばに
13. あなたに逢えてよかった
14. 君の青
15. STATEMENT

DISC 2
1. Ave Maria
2. love & peace
3. 僕らに与えられた時代の中で
4. JUSTICE