Image of Everything's gonna be all lie

niha - Everything's gonna be all lie

1年半という歳月の間に紡ぎ合わせた童話のようなドリーミーな世界観で彩られた美麗エレクトロニカ。

透明な輝きを放つ旋律と美麗なストリングス、ドリーミーな電子音楽を掛け合わせた、哀愁を帯びたインストゥルメンタル・サウンドは、繊細でありながらも力強い、そして柔らかくも優しいnihaワールドが展開されている。ファンタジーのような美しくも淡い、そして壮大なポップ・サウンドで彩られた4thアルバム『Everything’s gonna be all lie』は「ネガティブな感情が”全て嘘”になりますように」というポジティブな想いが込められている。全15曲で構成、その内容は彩り鮮やかな15様の情景を垣間見ることができる。

Serph、No.9、haruka nakamura系ドラマチック・ビーツ、美麗メロディーのエレクトロニカ系屈指のファンタジー職人=niha! 好評を博した前作『The Design of New World』から1年半という歳月の間に紡ぎ合わせた童話のようなドリーミーな世界観で彩られた極上のポップ・サウンド集、完成! !

長年バンドのメンバーとしてギター、ベースを担当していた経歴を持つプロデューサー、niha。その後は、DTMでの楽曲制作も開始させ、現在はniha名義の他に、アメリカ・カリフォルニア在住の女性シンガー=SPUNXとのプロジェクト、更には別にバンドのメンバーとしての活動、といった3つのプロジェクトを並行して行っている。また、影響を受けたアーティストには、Bach、Aphex Twin、Radiohead、DAISHI DANCE、LUSRICA、anemone……と、ジャンルを超越した人物を挙げている辺りも極めて異色である。niha名義としては、2009年のデビュー作『mindscape』、そこから2年間の歳月をかけ、優しく紡ぎ合わせるように完成させたセカンド・アルバム『The sounds fade away at morning』では、「音は朝、消えていく」をキーワードに全13曲の進化を遂げたniha流儀のファンタジー・ポップ・サウンドを聴かせ、昨年(2013年)には「新しい世界のデザイン」をコンセプトに制作されたサード・アルバム『The Design of New World』で大きな反響を受けた。そこから1年半……「ネガティブな感情が”全て嘘”になりますように」という想いが込められた最新作『Everything’s gonnna be all lie』で、また新たなステージへ向けて始動した。

1. Stay Light
2. Break of Dawn
3. Still Alive
4. Dawn through leaves
5. Imitation Heart
6. Snow Tone
7. Hypnosis
8. Sunny Rain
9. Lily
10. Antares
11. Moment
12. Floating Matter
13. Envy
14. Rain Scented
15. Stay Night