Image of バナナフィッシュの浜辺と黒い虹 with Aimer

Galileo Galilei - バナナフィッシュの浜辺と黒い虹 with Aimer

Galileo Galilei – Banana Fish no Hamabe to Kuroi Niji with Aimer

Galileo Galileiの新曲「バナナフィッシュの浜辺と黒い虹」にAimerがゲストボーカルとして参加していることが明らかになった。

この曲はGalileo Galileiが10月1日にリリースするミニアルバム「See More Glass」に収録されるナンバー。今回のコラボレーションは現在放送中のアニメ「残響のテロル」にて尾崎雄貴(Vo, G)がオープニングテーマを、Aimerがエンディングテーマを担当していることがきっかけとなり実現した。尾崎は今回のコラボについて「兼ねてから自分の曲を女性に歌ってもらいたいと考えていたので、『バナナフィッシュの浜辺と黒い虹』が出来た時にAimerさんしかいない!と思い、お願いさせていただきました」と語っている。

またAimerが9月3日にリリースする「誰か、海を。 EP」には、Galileo Galileiがリミックスを担当した「眠りの森」が収録される。このリミックスでは尾崎がボーカルとしても参加している。

尾崎雄貴 コメント
Aimerさんの「眠りの森」のREMIXをさせてもらった時に、素材として全てのトラックを送ってもらって、何も編集されていない状態のアカペラの歌声を聴いた瞬間にびっくりしました。とても粘りのある伸びやかな声で、特に表現力に深みがあって、同じボーカリストとして勉強になりました。兼ねてから自分の曲を女性に歌ってもらいたいと考えていたので、『バナナフィッシュの浜辺と黒い虹』が出来た時にAimerさんしかいない!と思い、お願いさせていただきました。歌詞に登場する主人公の女の子にぴったりの声だったので、想像していたよりずっと面白い曲になると思います。今回のコラボレーションを通じて、お互いのさらなる可能性を感じてもらえたら嬉しいです。

Aimer コメント
「ハマナスの花」リリース当時からいちリスナーとして聴いていました。そんなGalileo Galileiさんと「残響のテロル」をきっかけに、こうして“お互いの作品に参加”できること…とてもとても嬉しいです。雄貴さんの声が神秘的なあたらしい「眠りの森」。みなさんもぜひ真夜中にどきどきしながら、聴いてほしいです。