Image of 嗚呼 すすきの/地球は今日も愛を育む/

スマイレージ - 嗚呼 すすきの/地球は今日も愛を育む/

S/mileage – Aa Susukino / Chikyu wa Kyo mo Ai wo Hagukumu

スマイレージが本日8月20日にニューシングル「嗚呼 すすきの / 地球は今日も愛を育む」をリリース。この作品の発売記念イベントを東京・お台場MEGA WEBで行った。

「嗚呼 すすきの / 地球は今日も愛を育む」はスマイレージにとって17枚目のシングル。この日のミニライブで彼女たちは、シングル表題曲である2曲に加え、「ヤッタルチャン」「夢見る15歳」の計4曲を披露した。MCでは福田花音が「『嗚呼 すすきの』のPV撮影で、“彼氏と喧嘩してエスカレーターに乗り込む”って演技をするシーンがあったんです。そのときカメラマンさんは動いてるエスカレーターの同じ位置にいなきゃいけないからずっと足を動かしてて、それを見ると笑っちゃって何度もNGになっちゃいました」と撮影中のエピソードを語った。リーダーの和田彩花は「この曲は切ない歌詞で、恋人同士が喧嘩しちゃって女の子が北海道のすすきのに行っちゃうっていうストーリーなんです。PV撮影では涙を流すシーンがあったんですけど、うまく泣けないから目薬を使いました。それでもなかなかうまくいかなくて結局映像には入ってないんです」と印象に残っているお蔵入りシーンを振り返った。

さらに「地球は今日も愛を育む」について竹内朱莉が「歌詞が難しいんですよ。“地球”っていう大きいテーマだから歌詞の内容が大きすぎて理解不能なので……大人にはわかるのかな」と歌詞が自分には理解しにくいものであることを話すと、和田は「歌詞にある『星のウインク』ってどういう意味なんだろう?って思う部分も確かにある」とフォローしつつ、「この曲はコンサートで見てもっと好きになったって言ってくださる方が多くて、それがとてもうれしいです」と結んだ。

なお「嗚呼 すすきの / 地球は今日も愛を育む」には初回限定盤A~D、通常盤A~Bの計6種類が用意される。初回限定盤には内容の異なるDVDが付属し、「嗚呼 すすきの」PVが初回限定盤Aに、「地球は今日も愛を育む」PVが初回限定盤Bにそれぞれ収められる。

1. 嗚呼 すすきの
2. 地球は今日も愛を育む
3. 嗚呼 すすきの (Instrumental)
4. 地球は今日も愛を育む (Instrumental)