Image of 放たれる

Mr.Children - 放たれる

Mr.Children – Hanatareru

Mr.Childrenの新曲「放たれる」が5月24日からiTunes Store、レコチョク、OORONG-SHA MOBILE+などで配信リリースされる。「放たれる」は昨年5月発表の配信曲「REM」から約1年ぶりにリリースされる新曲。この曲は劇団ひとりが原作、脚本、監督を務める映画「青天の霹靂」の主題歌で、楽曲の配信開始日はこの映画の公開初日となる。桜井和寿(Vo, G)は楽曲の制作にあたり映画の台本を読んで「ケージの中で傷を癒した鳥が、再び空に向かって飛び立つ瞬間」というイメージを想起。そして完成した楽曲について「重く薄暗い場所にある誰かの心が、自由と明るさを取り戻す大事な場面に、ただ寄り添うだけの最良のBGM でありたい、そう願っています」とコメントしている。なおMr.Childrenは現在ニューアルバムの楽曲をレコーディング中。今後の彼らの動向にも期待しよう。