ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of 世界に一人ぼっち

Suck a Stew Dry - 世界に一人ぼっち

Suck a Stew Dry – Sekai ni Hitoribocchi

捻くれる程に真っ直ぐに、孤独を強く抱えた若者達へのレクイエム。

心の闇を描きながら強烈なポピュラリティーを放つ初EP!!
◆これまでリリースした2枚のミニアルバムがさしたるプロモーションもなしに、口コミが口コミを呼びロングセールスを続けている5人組ロックバンド、Suck a Stew Dry。
◆今年4月に新ベーシストが加入して以降、より活動を活発化し、RUSH BALL RやTOKYO CAMPを始めとしてフェス、イベントにも多数出演。焦燥感、虚無感など若者が誰しも抱く感情をシニカルな視点で切り取った独特な歌詞世界、透明感とエモーショナルが同居した歌声。3ギターが織りなすダイナミックなサウンドが10代、20代前半のリスナーを中心に熱烈な支持を獲得。賞賛と炎上を繰り返し、毎日SNS等で途切れる事の無い拡散が続けられています。
◆それを裏付けるようにライブの動員数も急増し、8月に行われた初の東名阪ツアーも大成功し、人の弱さ、愚かさを暴くかのような強い歌と演奏にライブでは毎回涙する若者達が続出、物販は毎回長蛇の列を作ります。
◆そんな人気急上昇中のSuck a Stew Dryが初めてのE.Pをリリース!彼らのPOPへの決意表明とでも言わんばかりの輝きを放った新境地「世界に一人ぼっち」、この1年間ライブで演奏され、音源化の要望が高くもはや彼らの代表曲と言っても過言ではない「カラフル」「ヒーロー」、Suckにしか歌う事の出来ないダークサイドを遺憾なく発揮した「七階」を収録。さらにプレイガイドのチケットが一瞬にして完売したレコーディングライブから代表曲2曲を収録。E.Pと言いつつも全6曲収録とボリューム感溢れる現在のSuckを知るに十分な素晴らしい作品になりました。
◆リリース後は東京、名古屋、大阪、仙台、福岡を回る全国ツアーを開催。ファイナルは東京・渋谷WWWでのワンマンライブ。来年には毎回開催しているそれ以外のロード・ツアーも開催予定。心の闇を描きながら独自のポピュラリティーを獲得し始めたSuck a Stew Dryから目が離せません。

曲目リスト
1. 世界に一人ぼっち
2. カラフル
3. ヒーロー
4. 七階
5. Payment[距離感の部屋301]
6. 毒ガスと花束[距離感の部屋301]

アーティストについて
2009年大学に進学するも夢も無く何もせずに生きていたシノヤマをキクチが誘い結成。宅録で作ったデモがオーディションで入賞したことを切っ掛けになんとなくバンド活動を開始。2011年デビューミニアルバム「人間遊び」をリリース。繊細さと力強さが同居したシノヤマの歌声と心の闇を描く歌詞世界。それとは相反するキャッチーなメロディーと3ギターならではのパワフルなサウンドは、10代20代前半の世代を中心に絶大な支持を受けている。これまで開催した自主ライブはすべてソールドアウト。2012年10月セカンドミニアルバムをリリース。全国ツアーの後、2013年4月スダユウキ加入。現在に至る。

CD (2013/11/20)
ディスク枚数: 1
レーベル: ラストラム・ミュージックエンタテインメント
収録時間: 27 分