ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of 絶塔

Z - 絶塔

激情HCシーン、アンダーグラウンド・ロックシーンでも高い評価を得た前作「新今日」(2009年発売)リリース後、活動範囲を拡げてきたZ。
2011年にドラマーが弘中聡(skillkills,cryptcity)に代わった事により、ビートが格段に強靭になり、持ち味の変拍子や歪んだギターの複雑なコードの聴感もクリアになった。
曲展開においてもツインボーカルの曲や、極端に変化するパートを盛り込むなど、前作よりも明快な罠が盛り込まれており、聴くほどに新たな発見が見つかるだろう。
歌い手の感覚から捉えた、矛盾と感覚を重視した文体による歌詞も唯一無二である。

Track3ではLOSTAGEのギタリスト、五味拓人がゲストプレイ。
粘りのあるソロのようなフレーズを楽曲に織り込んだ。
Track5ではcryptcityのギタリスト、セブ・ロバーツが空間を深くする、アンビエンス感の強い個性的なギターをプレイ。
Track7にはex.灰汁(あく)のMC、セノオGEEが大胆なRAPを強烈に投入。

15年間で3つのバンドにおいて作品を作ってきた魚頭と根本が進化させてきた「激情HC以後の新しい激しさ」が、狂った実力派ドラマーとの邂逅により、絶(対的な)塔として完成された。
録音は全てのZ作品を手掛けてきた君島結(ツバメスタジオ、ex.gaji)による。
特殊機材を多用しつつも生々しさを重視し、Zのダイナミズムをパックしている。

曲目リスト
1. ベロ
2. ほっくメキ
3. NEWわけを煮る
4. DONUTSの罠
5. 全員OUT
6. 霊吸
7. まぁなんて新しい 今があったはずなのに 怠惰な日々
8. 蛇鉄

CD (2012/8/15)
ディスク枚数: 1
レーベル: grok plastique