ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of CITY DIVE

一十三十一 - CITY DIVE

都会の夜を甘く疾走する“媚薬ヴォイス”。ナビゲーターは稀代のレコード蒐集家とクラブの遊び仲間たち。夏のクールネス、夜の匂い、湾岸のドライブ、パーティーの ざわめきを封じ込めた2010年代の「シティ・ミュージック」。キャリア最高傑作。

オリジナル作品としては実に5年ぶりとなる一十三十一、待望のニュー・アルバムがビルボードよりリリース。 プロデューサーはレコード蒐集家/ DJとしても知られる「流線形」のクニモンド瀧口、そしてドリーミーなサウンドで人気のトラックメーカーDORIAN と、横浜をベースに活動する湾岸音楽クルー「Pan Pacific Playa」のギタリストKashif a.k.a STRINGSBURN を共作者に迎えた。一十三十一のルーツでもある70 年代~80 年代のシティ・ポップスを背景に、まるでクラブ仲間と遊ぶように作り上げた本作。エッジーなアートワークと共に、一十三十一の“媚薬”に吸い寄せられたチームが、夏のクールネス、夜の匂い、湾岸のドライブ、煌くプール、パーティーのざわめきを音楽に閉じ込めた。街に潜り、街を泳ぎ、街で遊ぶ、2010 年代の「シティ・ミュージック」。 この夏、都市で鳴らされるべきサウンド・トラックだ。

曲目リスト
1. DIVE
2. ギャラクティックにさせて
3. 恋は思いのまま
4. ハーバーライト
5. 人魚になりたい
6. サマーブリーズ ’86
7. サマータイムにくちづけて
8. 摩天楼の恋人
9. RAINBOW
10. グラスに浮かべたノンシャラン

アーティストについて
■一十三十一
札幌出身。幼少時代よりスパイシーな家族とともに世界諸国を旅して廻る。2002 年「煙色の恋人達」でデビュー。” 媚薬系” とも評されるエアリーでコケティッシュなヴォーカルで独自のポップスを展開。2007 年にはディスニーアニメ「リロ&スティッチ」のエンディングテーマを歌う。クラブミュージックや民族楽器とのコラボレーションなどジャンルや国境を超え、ボーダレスに活動中。客演多数。ライブパフォーマンスにも高い評価を得ている。2011 年初夏から、初の主演映画「百合子、ダスヴィダーニャ」が順次全国公開。

CD (2012/6/20)
ディスク枚数: 1
レーベル: BILLBOARD RECORDS / 株式会社阪神コンテンツリンク