ユーチューブの再生が再び働いています! 不便を許してください。

Image of FILLED WITH FLOWERS

ウォールフラワー - FILLED WITH FLOWERS

The Pains of Being Pure at Heart来日ツアー大阪公演のオープニング出演に抜擢されたことで話題沸騰中!現役大学生を含む大阪の4人組インディー・ポップ・バンド=Wallflower。2010年代ジャパニーズ・インディー・ポップを代表するであろう光で溢れたデビュー作!

2010年のペインズの初来日公演をきっかけに大阪で結成された、土屋雅巳を中心とする4人組インディー・ポップ・バンド。80s~90s のC86やSarah Recordsのバンド達への憧憬を感じさせる爽やかで甘酸っぱい男女ツインボーカルのローファイなネオアコ ・サウンドは、The Pains of Being Pure at HeartやDream~Diary、Big Troublesなどの海外の新世代インディー・ポップ・バンド達とも共鳴する。またフリッパーズ・ギター、スーパーカーなどの日本の偉大な先陣バンドが持っていたような甘酸っぱいギター・ポップ・サウンドは既にライブを目撃した関西のリスナーの間で絶賛の声が上がっている。 デモを聴いたペインズのフロントマン、キップのオファーにより、急遽ペインズの2月の来日ツアー大阪公演でオープニング・アクトとして出演を果たし、満員の会場で初々しいライブを披露した。soundcloudにアップロードされた「Dreamy Days」のデモは既に海外の早耳インディー・ブログでも取り上げられ、更に海外レーベルからのオファーも続々と届いている。 Wallflowerを代表する男女混成ネオ・アコースティック名曲M-1「Dreamy Days」を筆頭に、アーリー・クリエイション~ジョニー・マーなギター、サビ手前で飛び出す哀愁のメロディがヘヴンリーなサビへと誘うM-2「Cure Your Heart」、スーパーカーやスピッツにも通じる号泣ギター・ポップM-3「Stargirl」、Sarah Recordsを敬愛する彼らならではのナイーヴなアコースティック・ポップM-5「Friendly Yours」、そしてボーナス・トラックとしてライブでのバースト・ナンバーM-6「Lovelee Sweet Fancy」のデモ・ヴァージョンを収録。

曲目リスト
1. Dreamy Days
2. Cure Your Heart
3. Stargirl
4. Adore, Adore
5. Friendly Yours
6. Lovelee Sweet Fancy (demo)

CD (2012/6/6)
ディスク枚数: 1
レーベル: FASTCUT RECORDS